シコマ祝い

投稿日:

祖納では稲の豊作や五穀豊穣を祈願する行事が沢山あります。代表的なのは豊年祭や節祭などです。シコマ祝は『初穂刈り』の時期に行われ今年度の豊作(万作)を祈願、祝います。祖納では西表島で最も古い集落で昔ながらの西表島の島人が代々住んでおり、歴史的な遺跡も多い貴重な集落となっています。厳格な人は本年度の豊作を祈る為、このシコマ祝いまで手を叩かない、笑わないという人もいます。つまり行事事でも一切拍手などしないということです。シコマ祝いが終わると手を叩いて笑ってもいいという境目の日になります。シコマ祝いも夕方で一度終了し、夜に集まったメンバーでは本日2回目の仲良田節を全員で唄って豊作を祈願しました。美味しい日本酒も頂きました(*^^*)関係者の方々、おめでとうございます。2018年6月3日 シコマ祝い