西表島のクサゼミ

投稿日:

西表島に生息しているクサゼミで名前はイワサキクサゼミ。普通のセミは木の幹などから樹液を吸っていますがこのセミは名前の通り、植物の葉っぱから汁を吸っています。体調は2cm程度で日本最小のセミです。ちなみにイワサキなんとかという名前を持つ生き物が八重山諸島には多いのですが、石垣島測候所の所長をしながら八重山の自然や文化を研究していた『岩崎卓爾』の名からついています。