大潮の時だけ見れます。

投稿日:

西表島と石垣島の一部でしか見ることのできない海草のウミショウブ。もともと陸にあった植物が海に移動し、陸上の植物として花を咲かせていたが、海に移動しても花を咲かせる変わり者です。5月~7月頃の大潮の干潮かつ晴天の時だけ小さい雄花を水面に放出し、満ち潮を利用し三弁に別れた雌花が雄花を包み込むように閉じていきます。自然の原理を理解し利用したなんとも素晴らし植物です。これからの大潮の時が楽しみです。ツアーでタイミングがあえば途中寄り道をして一緒に観察してみましょう(^^)/自然の賢さを見て感じとれます!