Blog

未記載属未記載種(新属新種)のゾウムシ

投稿日:2017年1月24日 更新日:

ウルトラマンの種から出てきた!

ウルトラマンから未記載属未記載種(新属新種)

ジャングルツアー用に取っておいたウルトラマンの顔のモデルになったと言われる、サキシマスオウの木の種から3mm程の見慣れない穴があいているのを発見。よく見るとなんだか側に虫がいるのを見つけ、鼻が長いのでゾウムシの仲間かと思い帰って調べてみると2012年頃に未記載属未記載種(新属新種)の可能性のあるゾウムシとして取り上げられていた。西表島のネイチャーガイドなら誰もが知る種から世間には知られていない新しい虫が近年出てくるぐらいなので、本気になれば人生に一つくらい自分の名前のついた虫を見つけられるのではないだろうかとふと思いにふけました。

◀︎TOPへ戻る

-Blog

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ハチドリと間違われる蛾

たまに「西表島にハチドリがいるのですか?」と聞かれることがありますが、蛾の仲間のこのホシホウジャクと間違われています。ホバリングをして花から花へと蜜を吸う様子は確かにハチドリのようにも見えます(^^) …

西表島固有のバッタ

西表島固有のバッタでイリオモテモリバッタ。写真はモノクロですが、実際は黒と黄色のコントラストの体色です。足の脛が赤いのと青いのが存在していますが、脛が赤いほうがよく見かけます。雄は2cm程度で雌は4c …

10年ぶりの西表島

ご兄弟の夫妻という珍しいご関係で西表島にお越し頂いた四人組です。こんな仲の良さが長年ずっと続いている素敵な四人組です。カヤックも皆さん経験者で、あっという間にカヌーのコントロールも上達していました。西 …

イリオモテヤマネコの糞

散歩中に発見したイリオモテヤマネコの糞。ヤマネコは縄張りを示すために、道の真ん中などの分かりやすいところに糞をすることがよくあります。また、糞を見るとこのヤマネコが何を食べているか分かるので観察してみ …

風変わりなカニで自然保護のシンボル的存在

オスの片方が甲幅ほど大きい鋏をもつカニです。日本には10種類ほど生息しており西表島のマングローブにもたくさんのシオマネキが生息しています。オスは大きな鋏で大きく振りかぶる動作をし、その行動をウェービン …

お電話での予約はこちら

メールでのツアー予約は2日前までとなっております。 お急ぎのご連絡とお問い合わせはお電話で。 電話受付時間は8:00〜20:00ですが、ツアー催行中は出られないことがあります。 その際はメールフォームよりご連絡ください。

Tel:080-6516-2008

Facebook Instagram やってます。